hps+超音波センサー

Sensorbild - Matrix

Overview

安全な装置hps+ - 耐薬品性や耐圧性のセンサーを必要とするときに

sensor line as pdf
online catalogue as pdf

特徴

  • 常圧または加圧下での任意の使用
  • テフロン膜 侵食性の媒体への保護に
  • ステンレス鋼またはオプションのhps+340用PVDFハウジング 食品産業でのご使用に
  • FFKMのOリングを備え密封されたハウジング 高い耐薬品性が可能に
  • mm/cmまたは%で、直接測定値出力を備えたデジタル・ディスプレイ
  • デジタル・ディスプレイを使用してセンサーの数値設定

ベーシック

  • pnpバリアントで2スイッチ出力
  • アナログ出力プラス1pnpスイッチ出力
  • 30 mmから8 mの測定範囲の4つの検知範囲
  • T1またはT2ボタンを使用してマイクロソニック社ティーチイン
  • 0.025 mmから2.4 mmの分解能
  • 温度補償
  • 9–30 Vの動作電圧
  • リンクコントロール PCからセンサーを設定

詳細

浸食性物質及び過圧下での充填レベル測定

新しい耐圧hps+センサーの超音波トランスデューサーは、標準でテフロンフィルム装備されています。1.4571ステンレス鋼またはPVDF製ハウジングに対してFFKM Oリングで密封されています。これにより浸食性物質に対する高い抵抗性を確保します。

タンクでの充填レベル測定

hps+センサーは、常圧または最大6バールの過圧下のタンクや容器での充填レベルの測定にご利用いただけます。特別なソフトウェア・フィルターにより、上部より充填または撹拌システムをもつ容器でもご使用いただけます。

タンク内での耐圧設置は、1. ネジとフランジ、または、2. hps+340のケース内にあることによって保証されています。

耐薬品性

耐薬品性とシールの気密性は、セルロースシンナーの貯蔵及び1,000,000回交互圧力ストレスを通して試験されました。セルロースシンナーは、非常に腐食性があり、浸透性が高いです。

ハウジングに対して密封しているFFKMのOリングの付いたhps+340の高抵抗性PVDFハウジング - PTFE保護フィルム

4つの検知範囲で2つの異なる出力段がご利用いただけます。:

2 switching outputs in pnp switching technology
1 analogue output with an additional pnp switching output

スイッチ出力を備えたhps+センサーの3つの動作モード:

  • 単一スイッチング・ポイント
  • 双方向反射バリア
  • ウィンドウ・モード

2つの三色LED

常にスイッチ出力またはアナログ出力の現在の状況を表示しています。

タッチコントロール

すべての設定は、センサーで正確に行えます。容易に判読できる3桁デジタルLEDディスプレイは、継続的に現在の距離値を表示し、自動的にmmとcm表示を切り替えます。

スイッチングまたはアナログ出力の設定

オプションでお望みの距離値を数値入力、または、ティーチイン手順により行うことができます。これにより、ユーザーはお好みの設定方法を選ぶことができます。
hps+センサーは、同期及び多重操作をサポートし、リンクコントロールを介してオプションで拡張パラメータ設定ができます。
(hps+センサー設定についてのより詳細な情報は、mic+センサーの項目でご覧いただけます。mic+ sensors)

リンクコントロール

リンクコントロール・アダプター及びリンクコントロール・ソフトウェアから構成され、通常のWindows OSが動作するPCまたはラップトップを介して、hps+センサーの設定を容易にします。

プログラミングのためにLCA-2を介してPCに接続されたセンサー
Top