sks超音波センサー

Sensorbild - Matrix

Overview

弊社の"最小のセンサー":コロイド質のハウジングに収まったsksセンサー

sensor line as pdf
online catalogue as pdf

特徴

  • 2本のM3ネジスリーブを備えた非常に小さなハウジング
  • 多くの光学センサーとの設置互換性 重要なアプリケーションのために選ぶべきもの
  • Improved temperature compensation adjustment to working conditions within 45 seconds

ベーシック

  • pnpまたはnpnの1スイッチング出力
  • 4–20 mAまたは0–10 Vのアナログ出力
  • ボタンを使用するマイクロソニック社ティーチイン
  • 0.1 mmの分解能
  • 20–30 Vの動作電圧

詳細

sksセンサー

マイクロソニック社による最小の超音波センサーであり、zwsセンサーと比較して、ハウジングの大きさが33%減少しました。

Ultrasonic sensors monitor countless operating procedures in automated manufacturing. The miniature housing of the sks ultrasonic sensor fits perfectly in constricted installation locations e.g. for sampling conductor boards and wafer in the electronics industry, for presence checks on conveyor bands or fill-level measurement in small containers. When capacitive or optical sensors come up against their physical limits,  installation compatibility of ultrasonic sensors with many optical sensors enable their deployment: simply secured with two M3 screw sockets.

スイッチング出力:

1 switching output, optionally in pnp or npn circuitry
1 analogue output 4–20 mA or 0–10 V

The temperature compensation

of the analogue sensors profits from a significant improvement. The sensors reach their operating point only 45 seconds after activation of the operating voltage. We now compensate for the influence of self-heating and installation conditions. This brings improved precision shortly after activation of the supply voltage and in running operation.

ティーチインボタン

センサー上部のボタンにより、お望みのスイッチング距離やモードをお手軽に設定できます。

二つのLED

センサーの動作状態を表示

3つのモード

  • 単一スイッチング・ポイント
  • 双方向反射バリア
  • ウィンドウ・モード

通常のマイクロソニック社ティーチイン手順で設定できます。

切り替え出力は以下により設定:

検知したい目的物をセンサーからのご希望の距離(1)に配置し、ボタンを約3秒間押し、その後、もう一度ボタンを1秒押します。 - 準備完了

検知ポイントのティーチイン

双方向反射バリア

sksセンサーとリフレクターを配置し、常設のリフレクターによりセットできます。その後、約3秒間ボタンを押し、もう一度ボタンを約13秒間押します。双方向反射バリアのセットが完了しました。

双方向反射バリアのティーチイン

アナログ出力は以下により設定:

sksセンサーとリフレクターを配置し、常設のリフレクターによりセットできます。その後、約3秒間ボタンを押し、もう一度ボタンを約13秒間押します。双方向反射バリアのセットが完了しました。

アナログ特性又はウィンドウ2検知点のティーチイン

ウィンドウの設定

最初に検知する目的物をウィンドウ近端(1)に配置し、約3秒間ボタンを押し、目的物をウィンドウ遠端に移動し、もう一度ボタンを約1秒押します - 準備完了。

NCC/NOC機能及び立ち上がり/立ち下がりアナログ特性

ボタンで設定できます。

Top