sks超音波センサー

Sensorbild - Matrix

Overview

私共の"最小のセンサ": 直方体ハウジングのsksセンサ

センサー群をPDFでダウンロード
online catalogue as pdf

特徴

  • 2本のM3ネジスリーブを備えた非常に小さなハウジング
  • 多くの光学センサーとの設置互換性 重要なアプリケーションのために選ぶべきもの
  • IOリンクインターフェース 新しい工業標準をサポート
  • 自動同期及び複数動作 至近距離で最大10個のセンサーが同時動作
  • オプションのSoundPipe sks1 導波管アタッチメント 
  • 改善された温度補償 45秒以内に作業条件に合わせて調整

ベーシック

  • pnpまたはnpnの1スイッチング出力
  • 4–20 mAまたは0–10 Vのアナログ出力
  • ボタンを使用するマイクロソニック社ティーチイン
  • 0.1 mmの分解能
  • 20–30 Vの動作電圧

詳細

sksセンサー

マイクロソニック社による最小の超音波センサーであり、zwsセンサーと比較して、ハウジングの大きさが33%減少しました。

超音波センサは、自動製造工程における無数の操作手順を監視します。小型ハウジングのsks超音波センサは、設置場所が制限された用向き、例えば、エレクトロニクス産業における導体板及びウェハー、コンベヤベルト上の有無検知や小さな容器の充填レベル測定に最適です。静電容量式や光学式センサがその物理的限界に近づいた際、多くの光学式センサと取り付けに互換性がある超音波センサにより置き換えが可能です: 2本のM3ねじソケットにより取り付けるだけです。

スイッチング出力:

1 スイッチング出力、オプションでpnpまたはnpn回路
pnpまたはnpnスイッチング技術による1プッシュプルスイッチング出力
1アナログ出力 4-20 mAまたは0-10 V

温度補償

アナログ式センサの温度補償は、この重要な改善によりメリットを受けております。センサは動作電圧の印加後わずか45秒で動作ポイントに到達します。自己発熱や設置条件による影響を補償します。これにより、電源電圧を供給し起動させた直後、及び、運転中の精度が向上します。

ティーチインボタン

センサー上部のボタンにより、お望みのスイッチング距離やモードをお手軽に設定できます。

二つのLED

センサーの動作状態を表示

3つのモード

  • 単一スイッチング・ポイント
  • 双方向反射バリア
  • ウィンドウ・モード

通常のマイクロソニック社ティーチイン手順で設定できます。

切り替え出力は以下により設定:

検知したい目的物をセンサーからのご希望の距離(1)に配置し、ボタンを約3秒間押し、その後、もう一度ボタンを1秒押します。 - 準備完了

検知ポイントのティーチイン

双方向反射バリア

sksセンサーとリフレクターを配置し、常設のリフレクターによりセットできます。その後、約3秒間ボタンを押し、もう一度ボタンを約13秒間押します。双方向反射バリアのセットが完了しました。

双方向反射バリアのティーチイン

アナログ出力は以下により設定:

sksセンサーとリフレクターを配置し、常設のリフレクターによりセットできます。その後、約3秒間ボタンを押し、もう一度ボタンを約13秒間押します。双方向反射バリアのセットが完了しました。

アナログ特性又はウィンドウ2検知点のティーチイン

ウィンドウの設定

最初に検知する目的物をウィンドウ近端(1)に配置し、約3秒間ボタンを押し、目的物をウィンドウ遠端に移動し、もう一度ボタンを約1秒押します - 準備完了。

NCC/NOC機能及び立ち上がり/立ち下がりアナログ特性

ボタンで設定できます。

サウンドパイプ sks1

サウンドパイプ sks1は、音場を集中的に束ね、小径の開口部での測定を可能にします。サウンドパイプ sks1 (アクセサリ) は、sksの変換機に押し込んで下さい。

IO-Link統合

プッシュプル出力を備えたセンサ向けバージョン1.1

Top