pico+超音波センサー

Sensorbild - Matrix

概要

pico+"小さいヤツ"は、すべて行うことができます。:4レンジ、3出力信号、2つの異なるハウジング及び1つのIO-Linkインターフェース

sensor line as pdf
online catalogue as pdf

特徴

  • 90°アングルのヘッド 
  • IOリンクインターフェース 新しい工業標準をサポート
  • 自動同期及び複数動作 至近距離で最大10個のセンサーが同時動作

ベーシック

  • 1プッシュ・プル・スイッチ出力、pnp又はnpnベース
  • 4–20 mA又は0–10 Vのアナログ出力
  • 20 mmから1.3 mの測定範囲で4検知範囲
  • 5番ピンでのマイクロソニック社ティーチイン
  • 0.069–0.10 mmの分解能
  • 温度補償
  • 10–30 Vの動作電圧
  • リンクコントロール PCからセンサーを設定

詳細

pico+超音波センサー

M18ネジスリーブでわずか41 mmのハウジング長のコンパクトなシリーズです。軸ビーム方向の種類に加え、90 °アングルヘッドかつ径ビーム方向のハウジングもあります。

20 mmから1.3 mの4検知範囲かつ3つの異なる出力段、このセンサー・ファミリーは広い範囲のアプリケーションをカバーしています。

プッシュ・プル出力段を備えたセンサーは、SIOとIOリンクモードをサポートしています。アナログ主力を備えたセンサーは、オプリョンで4-20 mA電流出力または0-10 V電圧出力をご利用いただけます。

SIOモードでは、センサーは5番ピンによりマイクロソニック社ティーチイン手順を使用して設定されます。

pico+センサー・ファミリー 

2出力段及び4検知範囲がご利用いただけます。:

1 Push-Pull switching output with pnp or npn switching technology
1 analogue output 4–20 mA or 0–10 V

スイッチ出力を備えたセンサーのもつ3つの動作モード:

  • 単一スイッチングポイント
  • 双方向反射バリア
  • ウィンドウ・モード

単一スイッチング・ポイントのティーチイン

  • お望みの距離に検知する目的物(1)を配置
  • +UBを5番ピンに約3秒間接続
  • 次に再度、+UBを5番ピンに約1秒間接続

スイッチング・ポイントのティーチイン

双方向反射バリアのティーチイン

固定リフレクターと共に

  • +UBを5番ピンに約3秒間接続
  • 次に再度、+UBを5番ピンに約10秒間接続

双方向反射バリアのティーチイン

ウィンドウの設定

  • ウィンドウ近端(1)に目的物を配置
  • +UBを5番ピンに約3秒間接続
  • ウィンドウ遠端(2)に目的物を移動
  • 再度+UBを5番ピンに約1秒間接続

アナログ特性のティーチインまたは2スイッチング・ポイントをもつウィンドウのティーチイン

NCC/NOC

NCC/NOC及び立ち上がり/立ち下がりアナログ特性曲線も5番ピンを介して設定できます。

緑色と黄色のLED

出力の状況を表示し、マイクロソニック社ティーチインをサポートします。

リンクコントロール

オプションで、pico+センサーの拡張パラメータ設定が可能に。アクセサリーとして、LCA-2リンクコントロール・アダプターを、pico+センサーをPCに接続するのにご使用いただけます。

プログラミングのためにLCA-2を介してセンサーをPCに接続

同期

同一アプリケーションで複数のpico+センサーを同時に使用する可能です。相互干渉を避けるために、センサーは互いに同期させることができます。これを行うには、すべてのセンサーは電気的に5番ピンを接続する必要があります。

5番ピンを使用して同期

10個以上のセンサーを同期する必要がある場合、アクセサリーとしてSyncBox1を使用することにより行うことができます。

IOリンク・マスターは、複数のセンサーが同一場所で動作している場合、マスターの機能により同期されます。(IOリンク動作において5番ピンに配線しないで下さい。)

ガラス瓶生産での同期されたセンサー・セル

IO-Link integrated

in version 1.0 for sensors with switching output.

Top