wms超音波センサー

Sensorbild - Matrix

概要

wmsセンサーは、お客様によりマイクロプロセッサ制御器で信号評価が行われる使用を念頭に設計されています。

センサー群をPDFでダウンロード
online catalogue as pdf

特徴

  • トリガー入力 超音波送信機のコントロールに
  • エコー出力 お客様が用意された評価機能があるコントローラーに

ベーシック

  • 1エコー出力 最大負荷10 mA
  • 30 mmから8 mの測定範囲の5つの検知範囲
  • 0.36 mmの分解能
  • 9–30 Vの動作電圧

詳細

wmsセンサー

wmsコントローラー、または、お客様自信のコントローラー及び信号評価装置に接続する必要があります。

wms - 安価な代替品

お客様のシステムいよりコントロールされる必要がある場合、wmsセンサーは、自己完結型センサーに対する安価な代替品です。マイクロプロセッサ・コントロールは、通常これを必要とします。

"送信機"入力信号

音波を送信します。このために、お客様側のオープン・コレクタ出力は、一瞬入力信号を接地します。

"エコー"信号出力

次に、受信したすべてのエコー信号を、その期間に応じて1ビットの値として(エコー はい/いいえ)送信します。センサーのタイプにより、8から65ミリ秒かかります。ポジティブ・スイッチ(pnp)出力は、10 mAの負荷をかけることができます。距離の算定及び次の処理は、お客様のコントロール・システムで行われます。

我々のプロジェクト・エンジニア

wmsセンサーを、お客様のコントロール・システムに統合するお手伝いをさせていただきます。

お客様のコントロール・システムからwmsセンサーに対するトリガー
Top