興味深い事実

  • iolink_1046x850.jpg

IO-Link

IO-リンク: フィールドバス・レベルにおける新しいスタンダード

pico+センサーのIOリンク・インターフェースは、システム構成のすべての階層において継続的なコミュニケーションを行うために必要とするものすべてを与えてくれます。この方法により、機械及び装置を、より生産的な方法で稼動させることができます。IOリンクは、機械や器具のスタートアップとメンテナンスを非常に容易にできます。

IO-リンクの詳細

次のすべてがスイッチ・ONであれば、pico+はSIOモード(標準I/Oモード)で機能はプッシュ/プル出力段を備えた通常の超音波近接スイッチになっています。

ウェイクアップ信号により、コントローラーがpico+をコミュニケーションまたはIO-Linkモードに切り替えることができます。コントローラーは、プロセス及びサービスデータの両方をpico+と交わすことができます。

IO-Linkマスターは、一つまたは多数の入力及び出力を備えることができます。各入力/出力につき、1つのIO-Linkデバイスのみが接続されます。標準の3線ケーブルを、センサー及びアクチュエーターに接続します。非シールド線の長さは、最大20メートルまで可能です。

SIOモード(標準IOモード)との完全互換により混在した動作が可能です:IO-Linkやその他のSIOモード中にマスター側で、多数のセンサーやアクチュエーターを動作させることができます。

継続的な通信により、プロセス/サービスデータをセンサー/アクチュエーターとコントローラー間で送信させることができます。

IO-Linkを備えた充填システム

IO-Linkシステムは、IO-Linkデバイスから構成されています。 - 主にセンサー、アクチュエーターまたはそれらの組合せ - 標準3線のセンサー/アクチュエーターケーブル及びIO-Linkマスターです。

IO-Linkの利点:

  • IO-Linkモードで測定された距離は、周期的にマスターに送信され、従ってIO-Linkモードは、大した支出も無くアナログ出力に置き換えることができます!
  • センサーの故障後、コントローラーは、自動的にすべての設定を新しいセンサーに移すことができます。
  • 計画支出の削減は、メーカーに依存しないIODD記述ファイルを介して、コントローラーに対してデバイスの標準・統一化することにより達成されました。
  • コントローラー内でのデータ及びパラメータの供給を集中化することにより、起動時間の短縮
  • 最高の透明性及びシステム全体からデバイスそれ自体の調査により、より多くの機器がご利用可能

プッシュ-プル出力段により、SIOモードからIO-Linkモードへの切り換え可能

システム構成の例

IO-Linkのより詳しい情報は、www.io-link.comでご覧いただけます。

bks+超音波エッジセンサー

bks+エッジセンサーは、箔、紙や音波不透過性材質の非接触エッジスキャンを容易にします。

lcs+ ultrasonic sensors

新しいlcs+超音波センサーは非常にコンパクトで正方形の筐体 - アナログまたはスイッチング出力+IO-Linkを備えております。

pico+超音波センサー

新しいM18超音波センサー:4つのレンジ、3つのオペレーティングモード、2つのハウジングデザイン、そして1つのIOリンク

pico+TF超音波センサー

新しいM22超音波センサー:4つのレンジ、2つのオペレーティングモード、そして1つのIOリンク

sks 超音波センサー

The sks sensors are the smallest cuboidal ultrasonic sensors from microsonic. There are 3 output versions and 1 IO-Link interface available.

Top