• ultraschallprinzip_1046x850.jpg

超音波の原理

自動化における新スタンダードである超音波センサー
 

超音波の原理:

超音波センサーは定期的に短く、高周波音のパルスを放出しています。これらのパルスは音速で空気中を伝播します。パルスが目標物に衝突した場合、エコー信号として反射されセンサーに戻ってきます。そしてセンサー自身が信号放出とエコー受信の時間間隔に基づいて、目標物までの距離を算出します。

超音波の原理

目標物までの距離は、音波の強さではなく、時間により計測されますので、超音波センサーはバックグラウンドの干渉抑制に優れています。

事実上、その色に関係なく、音波を反射するすべての物質を検知できます。透明な物質や薄い箔でさえ、超音波センサーでは問題ありません。

マイクロソニック社製超音波センサーは目標物までの距離が20 mmから10 mまでに適しています。そして、時間により計測しているので、ピンポイントの精度で計測できます。弊社の一部のセンサーは、0.025 mm以下の精度で信号を処理することさえできます。

超音波センサーは、粉塵を含んだ空気やインクミスト中でもご使用いただけます。センサー面上に薄い堆積物がある場合でも、その機能を損ないません。

ブラインド・ゾーンは、わずか20 mmであり、非常に細いビーム幅ですので、今日では全く新しい応用が可能となっています。マイクロタイタープレートのくぼみや試験管の充填レベルだけでなく、包装業界の小さなボトル検知にも容易にご利用いただけます。細いワイヤーでさえ確実に検知します。

透明な水やブラックコーヒー

 超音波センサーは事実上すべての液体を検知できます。

ルビーレッド、はがね色、レモンイエロー、・・・

 何色が好きですか? 超音波センサーはすべての色が大好きです。

白い背景に白、黒い背景に黒い対象物では?

 超音波センサーでは問題ありません。

ガラスシートやアルミ箔

 超音波センサーは確実に検知します。

ベルベットやレザー

 ほとんどすべての生地を検知できます。

きめの粗い粒、切り屑や細かい砂

 超音波センサーのレベル制御では検知できません。

Top