esf-1 ラベル・繋ぎ目検知センサー

Sensorbild - Matrix

Overview

esf-1センサーは高速でもラベルの有無を検知可能

センサー群をPDFでダウンロード
online catalogue as pdf

特徴

  • 3 種のティーチング方法 特殊なラベルシートも検知可能
  • 応答速度 <300 µs 高速検知物にも対応可
  • 非常にコンパクトなフォーク型のハウジング
  • QuickTeach
  • IOリンクインターフェース 新しい工業標準をサポート

仕様

  • ラベルや繋ぎ目を検知可能なフォーク型センサー
  • 2 種類の出力 ラベル・繋ぎ目、そしてロールの破断も検知
  • 3つのLEDとハウジング上部のボタンを装備
  • ティーチングはボタンもしくは信号入力で
  • リンクコントロールでパラメーターも確認可能 リンクコントロールユニットとの組み合わせ

詳細

動作原理

 ラベルシートはフォーク間を流れるようにします。超音波はトランスミッターからシート台紙に送られ、反対側にあるレシーバーに到達する音波を解析します。

シート台紙によってを通過する音波は変わります。この違いをesf-1センサーは見分け、検知します。検知の前にはシートのティーチングが必要になります。

Backing material with a label provides an attenuated signal level

esf-1センサー

どんな素材や色味、透明度であってもesf-1センサーはシートの検知を行えます。計測サイクル時間はその対象物を検知するのに必要な音波の力によって変わります。薄いシートであれば応答速度は300µs以下にする事が可能です。

パンチング穴やミシン目などがある特殊なラベル向けにも3種類のティーチング方法を用意しております。

台紙とラベルの両方のティーチング

ティーチングの際フォーク間に台紙とラベルの両方を通常のスピードで通します。

esf-1センサーは自動的にラベル間のギャップを読み、台紙とラベルを学習します。

これで通常のティーチング作業は終了となります。

esf-1 as label sensor 

esf-1 as label sensor

台紙とラベルを別々にティーチング

台紙の状態とラベルが載った状態で音波の変化の差が非常に小さい場合は、台紙トラベルを別々にティーチングします。まずは台紙をティーチインし、その後ラベルをティーチングし、違いを教え込みます。

ロールシートの繋ぎ目検知

帯状のシートは通常ロールに巻かれています。ロールの繋ぎ目を検知する場合、ティーチングが必要になります。esp-4センサーはこの繋ぎ目を検知することが可能です。

esf-1 as splice sensor

ティーチングの方法

本体上面にあるボタンもしくは配線の入力信号でティーチインが行えます。

リンクコントロールを使用する場合

esf-1センサーはリンクコントロールと接続することで、音波の変化をパラメターで確認することも出来ます。

 ラベルシートはフォーク間を流れるようにします。超音波はトランスミッターからシート台紙に送られ、反対側にあるレシーバーに到達する音波を解析します。

IO-Link

esf-1 ultrasonic label and splice sensors have a Push-Pull switching output and support IO-Link in version 1.1.

Top